【関西弁で楽しく解説】JR上中里駅の歴史と魅力

(スポンサーリンク)

【楽しく解説】JR上中里駅の歴史と魅力

上中里駅の概要

上中里駅(かみなかざとえき)は、東京都北区上中里一丁目にあるJR東日本の駅で、東北本線に位置しとる。駅番号はJK 35で、京浜東北線の電車が停車するんや。

上中里駅は、JRの特定都区市内制度における「東京都区内」に属していて、田端信号場駅と東京新幹線車両センターの北端部に隣接している。

上中里駅の歴史

  • 1933年(昭和8年)
    7月1日に鉄道省の駅として開設されたんやで。この時代、駅はまだまだ珍しいもんやったから、地元の人たちも大喜びやったんやろなぁ。
  • 1949年(昭和24年)
    7月15日に荷物扱いが廃止されたんや。この頃には、鉄道利用が普及してきて、荷物の取り扱いも多かったんやけど、駅としての機能が少しずつ変わってきたんやな。
  • 1987年(昭和62年)
    国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となったんや。これで、今のJR上中里駅が誕生したんやね。
  • 2001年(平成13年)
    11月18日にICカード「Suica」の利用が可能となったんや。これで、切符を買う手間が省けて、より便利になったんやで。
  • 2005年(平成17年)
    3月にみどりの窓口が廃止され、指定席券売機が設置されたんや。これも時代の流れやな。
  • 2006年(平成18年)
    3月31日に改札前のKIOSKが閉鎖されたんや。これも一つの時代の終わりを感じるわ。
  • 2007年(平成19年)
    4月1日に業務委託駅化されたんや。これで駅の運営も少し変わってきたんやな。
  • 2013年(平成25年)
    6月4日に近隣で発見された旧日本軍の高射砲弾の不発弾処理のため、上中里駅付近を通る各線が一時運休したんや。この時期はちょっとヒヤヒヤしたわ。
  • 2021年(令和3年)
    2月3日にスマートホームドアの使用が開始されたんや。これで安全性もさらにアップしたんやで。

駅構造

上中里駅は島式ホーム1面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を持ってるんや。ホーム中程には駅長事務室があるけど、最近は使われてへんみたいや。忘れ物の取扱いは全部改札口で対応してるんや。

ホームと線路は全体的に王子寄りに向かって下り勾配になっとるんや。北行(大宮方面)の電車は当駅を出ると下り勾配から上り勾配に変わるんやで。なんや、ジェットコースターみたいやな。

改札とホームを連絡するエスカレーター・エレベーター、および多機能トイレが設置されてるんや。これでバリアフリー対策もバッチリやな。

駅周辺の施設

  • マルエツプチ 上中里店(旧ポロロッカ)
    駅周辺で唯一のスーパーマーケットや。日常の買い物にはここが便利やで。
  • 国立印刷局 東京工場
    印刷業界の中心やね。普段は見学できへんけど、周辺を歩くだけでその規模の大きさに圧倒されるわ。
  • 花と森の東京病院
    この病院は、その名の通り、花と緑に囲まれた癒しの空間や。もしもの時にも安心やで。
  • 旧古河庭園
    美しい日本庭園が広がる旧古河庭園は、散策にはもってこいや。四季折々の風景を楽しむことができるで。
  • 西ヶ原一里塚
    日本橋から岩槻街道2里目に位置する一里塚や。歴史を感じることができるスポットやね。
  • 東京都北区防災センター(地震の科学館)
    ここでは地震について学べる施設や。防災意識を高めるにはぴったりやな。

バリアフリー設備

上中里駅はバリアフリー設備が充実しとるんや。エレベーター、エスカレーター、多機能トイレが設置されてるから、誰でも安心して利用できるんやで。

まとめ

JR上中里駅は、歴史のある駅やけど、現代のニーズに合わせて進化し続けとるんや。駅周辺には便利な施設や歴史的なスポットが多く、訪れる価値があるで。

これからもますます便利になっていくこと間違いなしや。みんなも一度訪れて、その魅力を体感してみてや!

(スポンサーリンク)

-駅の歴史と魅力