【関西弁で楽しく解説】JR上野駅の歴史と魅力

(スポンサーリンク)

【楽しく解説】上野駅の歴史と魅力

はじめに

どうも、今日は上野駅について語ってみるで。上野駅言うたら、東京の台東区上野七丁目と東上野三丁目にある駅やねん。ほら、あの「上野のアメ横」とかで有名なとこや。

JR東日本や東京メトロが乗り入れてて、なんやかんやで重要な駅やねん。

上野駅の歴史

さて、上野駅の歴史について見てみようか。1883年に日本鉄道の駅として開業してん。最初は木造の駅舎やったんやけど、その後、煉瓦造りのしっかりした駅舎になったんや。

  • 大正・昭和時代の発展
    ほんで、1927年には東洋初の本格的な地下鉄、銀座線が開業したんや。これがまた、すごい話やで。東京の地下鉄が上野から始まったんやで! 「ほな、新幹線の起点も上野やったんか?」
    「いや、それは東京駅やで。でも、東北新幹線とか上越新幹線は上野も大事な駅やったんや。」
  • 戦後の復興と発展
    戦後には、関東大震災で駅舎が焼失してもうて仮駅舎が建てられたんや。高架旅客線もできて、山手線がぐるっと回るようになって、東京の交通が一気に便利になったんやで。

現在の上野駅

  • 1991年以降の新幹線延伸
    1991年には東北新幹線が東京駅まで延びてきたんや。それまでは上野が北の玄関口やったんやけど、東京まで延びたことで少し影が薄なったんや。でも、2015年には上野東京ラインが開通して、また賑わいを取り戻したんや。
  • 駅構内の見どころ
    上野駅に入ったら、まず目に飛び込んでくるのが猪熊弦一郎作の壁画『自由』や。これはもう、上野駅のシンボルみたいなもんやねん。 「ほな、他に見どころは?」
    「朝倉文夫作のブロンズ像『つばさの像』もあるで。これも見逃したらあかんわ。」

上野駅周辺の魅力

  • アメヤ横丁(アメ横)
    なんと言うても、上野駅の魅力の一つがアメヤ横丁やねん。通称アメ横。ここは、いろんなお店がひしめき合ってて、買い物もグルメも楽しめるんや。 「ほな、アメ横で何食べる?」
    「そら、何でもあるで!お刺身からドライフルーツまで、何でも揃っとる。」
  • 上野恩賜公園
    そして、西側に広がる上野恩賜公園。ここには、東京国立博物館や上野動物園、不忍池があって、観光スポット満載やで。 「動物園と言えば、パンダやな!」
    「せや、パンダ見たら、テンション上がるやろ?」
  • 駅周辺の文化と下町情緒
    上野駅周辺は、繁華街としても栄えてるけど、今なお下町情緒を残してるんや。ぶらぶら歩いてるだけでも、なんかほっこりする街並みやで。

上野駅の未来

まとめ

上野駅の歴史と魅力、どうやった?上野駅は、歴史を感じながらも現代の便利さを楽しめる場所やねん。

これからも、上野駅は東京の北の玄関口として多くの人を迎え入れてくれるやろう。

(スポンサーリンク)

-駅の歴史と魅力